婚活難民急増中!まだ間に合う?その実態と難民化しないためにすべきこと

婚活難民急増中!まだ間に合う?その実態と難民化しないためにすべきこと

みなさん婚活は順調でしょうか?うまく進んでいる場合はこの記事を読む必要はありません。
これから婚活を始める方、婚活に行き詰っている方には是非読んでいただきたい、それが「婚活難民の実態」です。
男性が婚活市場に参入しない、または撤退していることが叫ばれるこの時代、婚活者にとって逆風が吹いているのは言うまでもありません。今回はそんな婚活難民の実態と対策についてお伝えします。

婚活難民が急増中、予測値では今後加速していきます

各国勢調査の調査年における「生涯未婚率」を算出した水位グラフによると、2015年時点で男性の未婚率は23.4%、女性は14.1%となっています。この数字を聞いてみなさんは「意外と低い」と思う方もいるかもしれません。

婚活難民の増加 生涯未婚率
Yahoo!ニュース 男性23.4%、女性14.1%…生涯未婚率の現状と今後(2019年公開版)

しかしながら注目すべきは直近10年の推移であり、例えば女性の推移では2005年の7.3%から約2倍近く伸びています。(男女比率の問題で男性の方が数字は高いですが、伸び率は女性の方が高いです)
さらに2020年以降の推移は内閣府が発表している「少子化社会対策白書」に基づきますが、継続して生涯未婚率は上昇していきます。ちなみに伸びがゆるやかになっていきますが根拠については内閣府からの説明はなく、希望的観測と言われています。(出生率同様、予測を超えて加速化していく可能性があります)

そもそも婚活難民って何?なんで増えているの?

婚活難民とは

婚活難民とは、読んで字のごとく婚活をしていてもうまくいかず、なかなか結婚ができない人のことを指します。先ほど生涯未婚率のグラフを例に出しましたが、正確にはそのなかで婚活をしていない人や結婚願望がない人は含まれません。

婚活難民が増加している背景

特に男性に顕著ですが、そもそも無料で楽しめる娯楽や結婚に対しネガティブなイメージを持つ人が増え、婚活市場へ人が流れにくくなっているためです。さらに言えば、婚活以前に交際相手すらいないのが当たり前の時代となっており、婚活している方が相対的に苦戦してしまうのです。(下図参照)

交際相手がいない34歳までの男性は7割
PRESIDENT Online なぜ「一生独身の男性」が30年前から急増しているのか

もちろん本質的にはお見合い結婚が主流だった時代から恋愛結婚が主流となり、また女性の社会進出が当たり前になり、晩婚化が進んでいる。男性の平均年収が下がり、結婚できるような状況にないといった外部要因も大きく影響しています。

このような背景もあり、個人の努力にかかわらず婚活難民が生まれやすい土壌が形成されているのが現実です。

高望みしていないのに難民化してしまうのはなぜ?

それでも女性の約8割は結婚しています。もしあなたが結婚できるか不安を抱えているなら、難民化している女性の共通点をチェックして反面教師にしましょう。

女性が求める年収=男性が求める年齢です

婚活では相手に様々な最低条件を設けるのが一般的であり、理想のパートナーと出会うためには重要な決め事です。ただし、あなたは自身の年齢と相手に求める年収についてバランスをとっているでしょうか。特に婚活歴が長引けば長引くほど、希望条件を更新していく必要があります。
例えば話題になった「年収500万星野源似」もそうですが、男性が見たときに20代の女性ならある程度年収を求めても条件に合致する人は多くいますが、アラフォーになってくるとどうしても厳しくなってくるのが現実です。(失礼な話ですが、年収500万星野源似のときは世の男性から何言ってんだババァ!など酷い声も多かったですね)
もちろん相手の年齢を上げることで回避できる場合もありますが、どんなにあなたが魅力的だったとしても、男性が年齢で切り捨てる場面も多く、内面はもちろん外見すら見てもらう機会が減ってしまいます。

価値観のアップデートを怠っている

さきほど相手に求める年収という条件を更新していく必要があると伝えましたが、自身の価値観もアップデートが必要です。性格、趣味、ファッション、会話など、あなた自身も年齢相応のものになっているでしょうか。
例えばアラフォーだとしたとき、相手の男性が求めるのは愛嬌ではなく、アクティブな趣味でもなく、バッチリ決めた服装でもなく、盛り上がる会話術でもありません。それは穏やかに包み込むような性格であったり、相手の男性を支えられるような趣味、ファッション、会話術を持っている方が、断然モテます。
つまり年齢による男性からのニーズをしっかりと理解したものが勝つのです。

不安になり、自分を見失ってしまう

状況によって条件を妥協しても、うまくいかないときはあります。さらに婚活をはじめて時間が経てば経つほど、何が正解なのか何が間違って居るのか正しく判断できない状態になってしまうこともあるでしょう。
そんなときに心機一転婚活を休憩してみる、とにかく付き合ってみるなどポジティブに行動できればいいですが、いわゆる「婚活うつ」みたいな状態になってしまうと、ずるずると長引き婚活難民になりかねません。

婚活難民 あなたがすべきことは?

婚活難民にならないためにあなたがすべきことは?

条件設定は最低下限のみ設定し、数を優先する

真面目でしっかりと物事を考える人ほど婚活難民になりやすいです。なぜならあなた自身がじっしかり将来設計をし、そのための条件を求めるからです。しかし難民化してしまう理由で取り上げたように、条件はあくまで最低限必要なものにすべきです。なぜならあなたは条件と結婚するわけではなく、生身の人間と添い遂げるからです。結局は人と人との付き合いである以上、一緒にいて安らぐ、幸せな気分になれる人であれば、ほとんどの物事を一緒に乗り越えていけるはずです。
つまり、相手の条件を見極めるタイミングは「一緒にいたい男性を発見したとき、理想の条件を満たしていなくても結婚できるか」となります。

アプローチ方法を変える

あなたが現在行き詰っているなら、現在行っている婚活手段を変更してみてはいかがでしょうか。アプリやサイトを活用しているなら相談所、両方ともやっていなら改めて周りの人に紹介を頼む、趣味を通じて出会いを求めるなど、選択肢は残っているはずです。
異なるアプローチをしてみることで、それぞれの長所・短所が見えてくることもあるため、是非複数の手段を活用してみてください。

周りの意見に耳をかたむける、参考にして行動にうつす

婚活は孤独になりがちです。特に周りが既婚者ばかりだと一層婚活に関する悩みを相談しづらいでしょう。それでも、一人で婚活を続けることは正しくありません。
周りに相談できる人がいないのであれば、相談所はネット上の掲示板、匿名SNSなど様々な手段があります。自分の悩みを吐き出すだけでも、頭が整理されることがあります。どんどん活用しましょう。

婚活難民の実態と対策まとめ

婚活難民についてご理解いただけたでしょうか。様々な環境要因によって理想の男性に会うことが難しい時代です。

  • 婚活難民が急増しており、今後も加速していくとが見込まれる
  • 相手の男性から求められるニーズを理解し、条件や価値観をアップデートしてい
  • 行き詰っている場合はアプローチ手段を変えたり、周りの意見に耳をかたむける

きちんと実態と対策を理解し、幸せな結婚生活に向けて動き出しましょう。

婚活に行き詰っている。あなたの悩みを共有しませんか?

本サイトは婚活に特化した「みんなの婚活ブログ」や、意見交換や知恵袋的な用途に使える「トーク」、フォローやいいねなどのSNS機能もあり、孤独になりがちな婚活の仲間を見つけることができます。
婚活に関する悩みを吐き出したり、さまざまな婚活にかかわる疑問や意見を募ることも可能です。
気になる方は、下記「リアコントークとは?」をチェックしてみてください。

最後までお読みいただきありがうございました。本ページ関連記事の下にコメント欄もありますので、婚活難民に関する意見、疑問があれば是非コメントください。

報告する

関連婚活ブログ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。